お役立ちブログ

意外と知らないパーソナルカラーの真実

 

どうも、ヒガトモです。

重々しいタイトルをつけてしまいましたが、皆さんは「パーソナルカラー」という言葉を聞いたことがありますか?

パーソナルカラーとはズバリ言うと、似合う色。

上半身(お顔の近く)にその色を持ってきたり、メイクに使うと、顔映りが良く見える色のことです。

自分ではなかなかわかりにくいので、プロが見分ける「パーソナルカラー診断」も、今やすっかりメジャーに。

雑誌やネットでも目にしたことがあるのではないでしょうか。

先日行ったメガネ屋さんでも、パーソナルカラー診断をして、似合う色のフレームを見つけてくれるサービスをやっていました。

最近は診断してくれるアプリもありますね(正確さはさておき…)

 

ところで、パーソナルカラーというとなんとなく洋服のイメージが強いかもしれません。

ところがどっこい、以前パーソナルカラーアナリストさんがyoutubeでやっていた実験によると、

パーソナルカラーを洋服に取り入れた人よりも、髪色やメイクに取り入れた人の方が違いがはっきりとわかったのです。

先ほども書きましたが、パーソナルカラーは顔映りの良さの話。

つまり、証明写真のエリアを思い浮かべてみるとわかりやすいと思います。

 

まずは印象が変わりやすい、メイクやお顔の額縁である髪の色から取り入れてみませんか?

当サロンのメイクメニューはベースカラー診断付き。

髪色のアドバイスも行っております(^^)/

関連記事

PAGE TOP
error: Content is protected !!